大阪 デリヘル 大阪 のデリヘル嬢の出勤速報をお届けする大阪デリヘル出勤速報です! デリバリーヘルス

 
club BLENDA

大阪デリヘル出勤速報です!このサイトでは、大阪の嬢の出勤状況や、営業中のお店の検索など、様々な情報の検索が可能です!お気に入りの女の子が必ず見つかるはず!ぜひ使ってみてください!

デリヘルデリヘル
モバイルサイト
   

大阪デリヘル秘密ブログ

【大阪コラム - 大阪城】


大坂城(大阪城、古くはおおざかじょう・一般にはおおさかじょうと読む)は、摂津国東成郡大坂の地にあった安土桃山時代から江戸時代の城である。
別称は金城あるいは錦城で、大坂が近代に大阪と表記するように改まったために、現在は大阪城と書くことも多い。豊臣政権の本城であったが、
大坂夏の陣で焼失し豊臣氏が滅亡した後再建され徳川幕府の関西ないしは西日本支配の拠点となった。したがって、しばしば大阪の人がいう
『太閤さん(豊臣秀吉)が建てた城』というのは正確には間違いである。
城址は現在の大阪市中央区の大阪城公園。名古屋城、熊本城と共に日本三名城の一つ。

大坂城は、豊臣氏が築城した当初の城と、その落城後に徳川氏が再建した城とで縄張や構造が変更されている。現在地表から見ることができる縄張はすべて、
江戸時代のものである。ただし、堀の位置、門の位置などは秀吉時代と基本的に大きな違いはないとされている。
縄張は輪郭式平城であり、本丸を中心に大規模な郭を同心円状に連ね、間に内堀と外堀を配する。秀吉は大坂の市街から天守がよく見えるよう天守の位置、
街路などを工夫したとも伝えられている。
台地の北端を造成して築城した大坂城の防衛上の弱点は大軍を展開できる台地続きの南側で、西方から南方を囲むように惣堀がめぐらされ、
冬の陣直前には玉造門の南方に真田信繁により半月形の出城「真田丸」が構築された。果たして冬の陣はこの方面から攻めかかる徳川方と篭城の豊臣方
との間で激戦となった。

大坂城は、上町台地の北端に位置する。かつてこの地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れる天然の要害であり、またこの淀川を上ると京都に繋がる
交通の要衝でもあった。
台地北端に立地する大坂城では、北・東・西の3方は台地上にある本丸からみて低地になっている。北の台地下には淀川とその支流が流れており、
天然の堀の機能を果たすとともに、城内の堀へと水を引き込むのに利用された。

大坂城のものと見られている「本丸図」などでは、山里曲輪とを隔てる本丸の詰の石垣沿い、本丸の北東隅に造られたと考えられている。
天守台いっぱいには建てられず、若松城天守のように余地を残して天守曲輪を持っていたと考えられているが、諸説あり。天守は、複合式若しくは
連結式望楼型5重6階地下2階であったと考えられており、外観は、黒漆塗りの下見板張りで、漆喰壁部分も灰色の暗色を用いて、金具や、瓦(金箔瓦)
などに施された金を目立たせたと考えられている。一説には、壁板に金の彫刻を施していたというものもある。
立説には、大坂夏の陣図屏風(黒田屏風)、大坂冬の陣図屏風、大坂城図屏風などが参考にされている場合が多い。
特に大坂夏の陣図と冬の陣図では天守の姿が大きく異なっているため、夏の陣のものは再建または改築されたものであるといい、
それに沿った復元案も研究者などから出されている。(三浦正幸説など)復元案の有名な説としては、宮上茂隆説で、大阪城天守閣内の
豊臣大坂城再現模型のモデルにもなっている。

徳川氏が再建した大坂城の天守は、現在見られる復興天守(大阪城天守閣)の位置とほぼ同じである。江戸城の本丸・初代天守の配置関係と
同配置に建てられたと見られている。天守台は大天守台の南に小天守台を設けているが小天守は造られずに、天守曲輪のような状態であった。
天守へは、本丸御殿からの二階廊下が現在の外接エレベータの位置に架けられていた。 建物は独立式層塔型5重5階地下1階で、江戸城天守(初期)
を細身にしたような外観で、白漆喰塗籠の壁面であったとみられている。最上重屋根は銅瓦(銅板で造られた本瓦型の金属瓦)葺で、
以下は本瓦葺であったという。高さは天守台を含めて58.32mあったとみられている。
天守の図面は、内閣文庫所蔵の「大坂御城御天守図(内閣指図)」と、大坂願生寺所蔵の「大坂御天守指図(願生寺指図)」の二つがある。
二つの指図は相違しており、どちらかの内部、外観を参考に復元案が出されている。内閣指図の外観は二条城天守とほぼ同じ破風パターンで
願生寺指図の外観は名古屋城天守や江戸城天守とほぼ同じ破風パターンである。

研究所の屋根裏部屋 その11 大阪編①へ
研究所の屋根裏部屋 その11 大阪編②へ